情報を「属人化」させないために

テスト結果や、各種解析ツールの分析結果、課題管理の情報や、構成管理へのチェックイン回数など…

ソフトウェア開発プロジェクトにおいて発生するこれらの情報は、十分に分析して活用することでプロジェクトの様々な側面(進捗度合いや課題対応の優先度、さらには潜んでいるリスクなど)を知ることができる、貴重な情報資産と言えます。このため、これらの情報を蓄積し共有化・見える化を図ることは、プロジェクトをより良い状態へ運ぶための多くのヒントを得ることに繋がります。

「Parasoft DTP」とは、複数の基盤システム(構成管理、変更管理、不具合管理、ビルド管理、テストなど)の情報を自動的に統合し、独自の分析アルゴリズムによって、ビジネスリスクと開発状況をリアルタイムに可視化するプラットフォームです。Webブラウザをダッシュボードとして使用し、様々な情報をウィジェットとして配置することで、自由なアウトプットと迅速な情報共有を実現します。

連携可能なツールの例

Parasoft C++test / Jtest / dotTEST / SOAtest, SciTools Understand, CloudBees Jenkins, Ranorex, Atlassian JIRA, AccuRev, Git, Subversion, more

C++test Jtest dotTEST SOAtest Understand Jenkins Ranorex AccuRev Redmine

活用例

最近混入したコーディング規約違反のレビュー

静的解析で新たに検出された指摘事項を重点的にレビュー
後工程への品質リスクの流出を効率良く防止

品質状況の確認

ソースコードに対する様々な解析結果から
ソフトウェアの品質状況をリアルタイムに確認

プロジェクトの活動状況の可視化

プロジェクトの活動や成果物作成の状況を把握
ボトルネックを早期に発見して遅延を未然防止

トレーサビリティレポートの生成

要求事項がどれだけテストされ成功/失敗したかを確認
クリックして詳細レポートを生成

Top