機能紹介

ソフトウェア開発現場において、正確な開発状況と潜在リスクをリアルタイムに把握し、迅速な意思決定を実現するために、Parasoft DTPは次のような特長を持っています。

複数の基盤システムの情報を一元管理

オープンなプラットフォーム

Parasoft DTPは、これまでプロジェクトや開発者ごとに管理されていた基盤システムの情報を自動的に集約し、一元管理を行うことを可能にします。APIにより、サードパーティ製の基盤システムの情報も含めた管理が可能です。

detail

ダッシュボードの柔軟なカスタマイズにより、情報の最適化を実現

ダッシュボード

Parasoft DTPは、集約された情報をユーザーへ視覚的に提供するためのダッシュボードを備えており、ダッシュボードはユーザーごとのミッションや役割に応じて柔軟にコンテンツをカスタマイズすることができます。

detail

ドリルダウン機能により問題の原因箇所の特定を効率化

効率的な分析

Parasoft DTPのダッシュボードでは、全体を俯瞰した状態から詳細な情報へドリルダウンしながら状況を確認することができます。集積して得られた情報からすぐに次のアクションを起こすことを可能にします。

detail

アクションアイテムを適切なスタッフの作業環境にフィードバック

情報の共有

Parasoft DTPを用いることで、オープンAPIによって集約されたテスト結果などの情報を自動的に各開発者へ振り分けることができ、さらにその情報をワンクリックで開発ツールにインポートすることができます。

detail

リスクを迅速に見つけ出す分析エンジン

分析エンジンPIE

Process Intelligence Engine(PIE)を用いることで、収集した様々なデータを掛け合わせた独自の分析が可能です。

detail

プロジェクトのマイルストーンに応じたポリシーへの適合状況を監視

Policy Center

Policy Centerを利用することで、あらかじめ定められたテスト実行回数やバグ残存数などの判断方針(ポリシー)への適合状況を可視化することができます。許容範囲を満たしていないプロジェクトに対して早期に是正策を講じることや、次工程への移行判断を行うことが可能になります。

detail

稼動環境

Development Testing Platform (DTP) のインストールを行う前に、すべての要件が満たされていることを確認してください。

detail

DTPの活用例

Top