ダッシュボードの柔軟なカスタマイズにより、情報の最適化を実現


ダッシュボードでは、連携したツールの情報を一覧で見ることが可能です。
ツールやプロジェクトメンバーなどに分散していた情報を自動的に収集、必要な情報を可視化し、品質状況の把握、進捗の確認、コストの状況など、リリースに必要な判断を迅速に行うことができます。

例えば、テストツールと連携すれば、違反の数やバグの傾向、単体テストの状況といった品質に関する情報をウィジェットで確認することが出来ます。
また、各ウィジェットはカスタマイズ可能で、利用状況に合わせて選択することが出来ます。

テストツールと連携し、バグの数やテスト実行状況を確認

Parasoft DTPは、Parasoft社製テストツール(C++test,Jtest,dotTEST)をはじめ、サードパーティ製のテストツールと連携することで、ソースコードの様々な品質データを表示することが出来ます。ここでは、Parasoft DTPで表示可能なウィジェットの例をご紹介します。

Jenkinsのジョブ結果

Jenkinsのジョブ結果

ビルドの成功・失敗を確認できます。
ビルドが失敗している場合は、コンパイル可能なソースコードをチェックインしていない可能性などが考えられ、CI(継続的インテグレーション)が順調に運用できているのかを把握することができます。

 

違反数順のモジュール一覧

違反数順のモジュール一覧

検出された違反の合計が多い順番にモジュールが表示されます。そのため、どのモジュールの品質が悪化しているかをすぐに把握することができます。

 

メトリクスのツリーマップ

メトリクスのツリーマップ

複数プロジェクトを並行開発している場合、モジュール別のメトリクスを面積と色の濃さで表示します。
これによって、バグの潜在リスクが高いモジュールを洗い出すことができるため、リファクタリングや注力してレビューが必要なモジュールを判断しやすくなります。

違反の傾向

違反の傾向

プロジェクトにおける「新規」と「既存」の違反の数を時間軸で把握することができます。違反の増減から、プロジェクトの品質傾向が分かるため、後工程に移行するタイミングの判断材料になります。

テストの傾向

テストの傾向

プロジェクトごとにテストの失敗と成功の比率を時間軸で表示します。例えば、保守開発時に回帰テストの成功比率が下がってきているとデグレードの可能性を知る判断材料になります。

 

カバレッジの傾向

カバレッジの傾向

プロジェクトごとのカバレッジの変化を時間軸で表示します。
例えば、ソースコードの増加とともにカバレッジが低下した場合は、新たにテストケースを追加するなどの対策が必要です。

 

違反されているルール

違反されているルール

どのコーディングルールが違反されやすい傾向にあるのかを把握することができます。
違反ルールの偏りから、プロジェクトの品質傾向が把握できるため、次回プロジェクトでの対策に役立てます。

 

開発者別コーディングルール違反数

コーディングルール違反者

開発者別のコーディング違反数を表示できます。検出が多い開発者を把握することができるため、危険なコーディングを早期に防止する対策が打てるようになります。

 

開発者個人のコーディング違反数

開発者個人の違反数

各開発者が自身の修正すべき違反の数を表示します。自身の開発しているソースコードの品質状況を把握しながら、開発を進めることができます。

 

重要度別の違反比率

重要度別の違反比率

どの程度重要な違反がプロジェクト内に含まれているかを見ることができます。

 

違反の合計

違反の合計

どの程度のコーディング違反がプロジェクト内に含まれているかを見ることができます。また、違反の増減も表示されるため、品質が改善/悪化しているかの判断材料になります。

 

バーンダウンチャート

バーンダウンチャート

開発期間に対してのプロジェクトの進捗状況をバーンダウンチャートで表示します。実際の進捗ラインと、計画していたラインを比較することで、プロジェクトが健全に進行しているかを確認することができます。

 

メトリクスデータからリスクの高いソースコードを分析(サードパーティ製ツールとの連携例)

バブルチャート
metrics_2
該当するソースコードの詳細情報

サードパーティ製のソースコード解析ツールからのメトリクスの値を元に、リスクの高いソースコードをバブルチャートで表示することができます。
表示されたバブル(円)をクリックすることで、該当するソースコードを表示し、詳細を確認することが可能です。

※Parasoft DTPの標準機能ではないため、実装は別途ご相談ください。

DTPの活用例

Top