担当者別の活用例

ソフトウェア開発プロジェクトにかかわる立場によって、把握したい品質情報の種類は様々です。Parasoft DTPは、使用者が必要とする情報を様々な形態のウィジェットでダッシュボードに構築することができます。
ここでは、ソフトウェア開発に関係する様々な立場の人におけるParasoft DTPの活用例をご紹介します。

管理者の活用例

ソフトウェア開発をマネジメントする立場にある方は、プロジェクトやチームが着手しているソースコード品質を常に把握していることが求められます。
Parasoft DTPは、ソースコード品質、不具合のトレンド、作業完了/未完了件数などをグラフやバーンダウンチャートとして表示できます。
detail

品質保証部隊・開発支援部隊の活用例

複数プロジェクトにわたって品質を確認している部門や、複数のソフトウェア開発を外部委託している方は、プロジェクト毎の品質状況を常に把握し、品質の低下の可能性を早期に防ぐ必要があります。
Parasoft DTPは、モジュール別の違反数、失敗が多いテスト項目、静的解析が頻繁に行われているモジュールなどを、プロジェクトごとに比較することができます。

detail

開発・テスト担当者の活用例

コーディングをおこなう開発者やテスト担当者は限られた開発期間で、高い品質が求められています。そのため、プロジェクト全体の動きを考慮しつつ、ソフトウェア開発のために最適な作業をおこなう必要があります。
Parasoft DTPは、静的解析の違反状況、単体テストの結果などを同一のWeb UIでドリルダウンしながら確認ができるため、チーム内における品質状況の共有やコードレビューを効率的におこなうことができます。

 

detail

Top