開発・テスト担当者の活用例

コーディングをおこなう開発者やテスト担当者は限られた開発期間で、高い品質のソフトウェアを開発することが求められています。

Parasoft DTPは、静的解析の違反状況、単体テストの結果などをダッシュボードからドリルダウンして確認ができるため、チーム内における品質状況の共有やコードレビューを効率的におこなうことができます。

ユースケース

dev_case01

確認が遅れると、これまでの作業が無駄になる可能性があります。また、大きな問題に巻き込まれる可能性があります。
通常、チームの雰囲気やリーダーの報告内容を信じるしかありません。ただ、リーダーが忙しい場合、手助けするタイミングが遅れてしまう場合があります。

まず注目するのは、Jenkinsのジョブ結果

問題の把握から対策の実施までの流れ

  1. Jenkinsのジョブ結果を確認し、静的解析・単体テストの回帰実行時の問題発生有無を確認します。
    ドリルダウンして分析
  2. 担当コード分の静的解析違反の詳細情報を重要度順に確認します。
  3. 担当テストケースのアサート詳細情報を確認します。
  4. オープン中の担当タスク内容を確認します。
  5. 静的解析ルール違反・回帰テストアサーション情報・現在進行中のタスクの内容を比較し、優先度を決めてスケジュールを調整します。
    個人でのスケジュール調整が難しい場合、チームリーダーと相談しタスクの負荷分散を検討します。

担当者別の活用例

Top