管理者の活用例

ソフトウェア開発をマネジメントする立場にある方は、プロジェクトやチームが着手しているソースコード品質を常に把握していることが求められます。
Parasoft DTPは、ソースコード品質、不具合のトレンド、作業完了/未完了件数などをグラフやバーンダウンチャートとして表示できます。

pm_db_2

ユースケース

pm_case01

確認が遅れると、プロジェクトの遅延を未然に防ぐことができことや手戻り作業が大きくなってしまい、赤字を産んでしまいます。
普段の確認では、開発者が持っているタスクごとの作業見積もり情報と完了済みのタスクの実作業工数をそれぞれ集計する必要があります。開発者が多ければ多いほど、集計に時間がかかり確認するタイミング遅れてしまいます。

まず注目するのはバーンダウンチャート

burndown

 

問題の把握から対策の実施までの流れ

  1. バーンダウンチャートで、予定とタスクの消化率を比較
  2. 予定よりタスクの消化率が下がっている場合、トラブルが発生しているか予定していないタスクが急増している可能性があります。
  3. 現場に直接確認し、タスクの調整、スケジュールの調整を行います

担当者別の活用例

Top